ファシリティドッグによる入院中の子どもの心のケア

ファシリティドッグによる入院中の子どもの心のケア

事業内容

専門的に訓練された犬(ファシリティドッグ)と医療資格(看護師)のあるハンドラーが小児医療現場に常勤し、長期入院を余儀なくされている小児がん、重い病気の子どもが自身の治療を前向きに捉え、自尊心を保てるよう"心のケア"を実施します。
プレイルームでの活動から手術・検査の付き添い活動に加え、緩和ケアチームの一員として治療計画にも参加します。

実施場所

ファシリティドッグが常勤している病院(静岡県立こども病院、神奈川県立こども医療センター、東京都立小児総合医療センター)など

支援期間

2015年度〜2018年度

団体名

認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ

団体ホームページURL

http://sokids.org/ja/

「闘病中の子どもにファシリティドッグによるやすらぎを」の関連記事