若者世代の小児がん患者へのサポートプログラムの提供

若者世代の小児がん患者へのサポートプログラムの提供

事業内容

主に中高生など思春期、若成人期の小児がん患者を対象として、日常生活を送る上での悩みを抽出し、ケアプログラムを作成しました。 この世代のがん患者には、進学や就職などのライフイベントが待ち受けているものの、闘病生活による制約により、進学や就職に困難を伴うことが少なくなく、退院後の社会復帰に支障をきたすことがあることから、本事業の実施により対応策の検討を行い、ケアプログラムの提供を現実化することで、小児がん患者の退院後のQOL向上を図ります。

実施場所

兵庫県

支援期間

2014年度

団体名

特定非営利活動法人 チャイルド・ケモ・ハウス

団体ホームページURL

http://kemohouse.jp/

「若者世代の小児がん患者へのサポートプログラム」の関連記事