1型糖尿病の子どもの自己管理力を高める学習キャンプ

1型糖尿病の子どもの自己管理力を高める学習キャンプ

事業内容

1型糖尿病を持つ子どもが、家庭や学校、様々な場面で適切な血糖コントロールができる自己管理能力を身につけることや、同じ病気の仲間に出会い、孤立感を解消し、自立に役立つ知識・技術を身につけることを目的に、全国で宿泊型の学習キャンプを実施します。

※1型糖尿病:発症時から1日2〜4回のインスリン自己注射や血糖自己測定が始まり、その生活が生涯続き、高血糖や低血糖時の対処なども、子どもが自己で管理する必要があります。

実施場所

全国50ヵ所

支援期間

2013年度〜2018年度

団体名

公益社団法人日本糖尿病協会

団体ホームページURL

https://www.nittokyo.or.jp/

「小児糖尿病(I型糖尿病)児のサマーキャンプの開催」の関連記事