ホスピタル・プレイ・スペシャリストによる遊びのワークショップ

ホスピタル・プレイ・スペシャリストによる遊びのワークショップ

事業内容

家族、友達と一緒に遊ぶ時間を過ごすことによる「心身の成長」を目的に、病院や自宅にいながら出来る「製作遊び」、「身体を使った遊び」、「感覚遊び」などの遊びを伝えるワークショップを、英国生まれの専門職(ホスピタル・プレイ・スペシャリスト)が実施しました。

実施場所

北海道大学、静岡県立大学、あいち小児保健医療総合センターなど

支援期間

2016年度〜2018年度

団体名

特定非営利活動法人ホスピタル・プレイ協会

団体ホームページURL

http://hps-japan.net/

「ホスピタル・プレイ・スペシャリストによる遊びのワークショップ」の関連記事